住宅ローンが返せるのか不安になる前に、まずはシミュレーションを

家を建てようと考えた時に、ほとんどの人が住宅ローンを使うことになると思います。大きな工務店やハウスメーカーであれば、スタッフが面倒を見てくれたりしますが、大工さんや小さい規模の工務店では、自分で銀行に出向いて手続きすることもあるかもしれません。

さて、年収の5倍まで借りられると言われる住宅ローンですが、本当に返せるのか不安になったりしませんか?

収入変化や家族の人生計画も考慮すべき

家を買うという行為は莫大な借金を負うということです。転勤やご近所とのトラブル、急な家計の急変にも、賃貸であれば借り換えれば済みますが、持ち家であればそうは行きません。ローンを組んでしまえば、毎月必ず決まったお金が銀行口座から減っていきます。

もちろん、家を建てるのはそれ以上の夢のあることではあるのですが、お金に縛り付けられるような人生になってしまったり、最悪家を手放す羽目になっては台無しです。転職や転勤など、将来引っ越す可能性も十分に念頭に入れて考える必要があります。

「住宅ローンと家賃、月々の支払は変わらず、資産が残ります」という罠

住宅展示場や工務店の店舗で「住宅ローンと家賃、同じ金額を払うなら、将来資産になる方がよいですよね!」というセールストークを受けたことがあると思います。決まり文句のように使われるこの台詞ですが、固定資産税や修繕費、家が大きくなったことによる光熱費の上昇が考慮されていないケースも目につきます。

賃貸であれば、基本的な家の機能を維持する責任は持ち主にあります。借主が雨漏りを直したりはしませんよね。固定資産税もかかってきません(市町村により異なりますが、土地1000万+建物2000万で新築をした場合、竣工から10年間でおよそ148万ほどの固定資産税がかかります)。

これらに修繕のための積立金なども考慮すると、住宅ローンと賃貸の家賃が同じ金額でも、実際の支出まで考えたときに、やや持ち家の方が大きくなるというのが僕の意見です。

有効なのは住宅ローンを借りる前にシミュレーションをすること

家を考えはじめたら、そもそもの人生について、お金のシミュレーションするべきでしょう。例えば、金融資産をどれだけ持っているか、子供にどれくらい教育費をかけたいか、将来の収入をどれぐらい見積もるかで予算はかなり異なります。

住宅ローンの計算には様々なツールがあるのですが、僕はAFPの資格を持っており、会社員時代にも収支計算でExcelを使う仕事をしていたので、自分のところで行うシミュレーションは内製しています。有料のツールもあるのですが、余計なコストがかかるののと、自分で柔軟に式がいじれないので、Excelでつくる方が有利だと考えました。

設定項目が多くとっつきにくいため、ダウンロード配布はしていないのですが、対面でお会いした方にお作りします。
  • 収入
  • 日々の支出
  • 子供ごとの養育費(大学や専門学校などの費用)
  • 学資保険の積み立て
  • 日々の生活費
  • 大型の支出(車・定年時のリフォームなど)
  • 住宅ローン
  • 金融資産の運用
  • 固定資産税・修繕積立金

といった、基本的な項目が設定できると共に、家のプランを複数設定でき比較できるようにしているので、

  • 購入時と月々、実際にどれだけのお金が出ていくのか
  • 光熱費が1万下げられるのなら、家にどこまで投資すれば元が取れるのか
  • 頭金をもう少し貯めてから借りるべきか、今すぐ借りるべきか
  • 子供の教育費はどれぐらい見ておけば良い

ということに対して、指針を持つことができます。お金の問題については将来ある程度予測がつくのであれば、例えば設計段階で予算を絞ったり、そもそも建てない選択肢を提案をすることも可能です。

鳥取県東部/岡山県北部であればご相談に伺えます

家づくりは、大きなお金が動きます。雰囲気やなんとなくで決めず、計算して見ることで本当に適正な予算かどうかを知る、ということが大事だと思います。鳥取県東部や岡山県北部であれば、弊社で建築されるかどうかにかかわらず、ご相談に乗りますので、ご関心のある方はご連絡ください!

この記事を書いた人

田上知明

AFP・2級FP技能士 / 2級建築施工管理技士 / 省エネ建築診断士
東京で3年間の会社員勤務の後、自分の家を自力で建てることを志して、建築業界へ。自分の家を建てるはずが、お客さんの家ばかりを建て続けて、結局そのまま大工をするようにになってしまい、結婚を機に鳥取の智頭町へ移住。
美しい田舎で建てたり狩ったりしながら、ぼちぼち暮らしたいと思っていたが、意外と忙しいのと、自分の家がまだ建てられていないことが目下の悩み。