断熱材の厚みはどのように決めるべきか

よくあるご質問
< Back

ベストは温熱計算をすることです。建物燃費ナビやQPEXといった、温熱計算ができるソフトを利用することで、断熱材の費用と光熱費の削減効果が最高になる水準を決めることができます。

また、必要な厚みは断熱材の性能によって変わります。熱伝導率という数字が断熱材のパッケージなどに書いてありますので、厚みでかけて熱貫流率を出すようにしてください。