古い家の耐震診断の方法は

よくあるご質問
< Back

古い家の定義にもよるのですが、いわゆる基礎がある在来工法の場合、基礎の状況を調べた上で、建物の耐力壁を目視で確認、計算して不足分を補強します。 石場建て伝統工法の古民家の場合、地盤の微細振動と建物の微細振動(地盤も建物も風や近くを車が通ったときなどに、小さく揺れています)を計測し、地震発生時に建物がどのように振動するか推測する方法があります。 どちらも都道府県の耐震改修補助金などの対象になる(はず)です。