壁の色を変えたいなら塗装!古い家でも、全面パテ塗り+塗装DIYで明るい空間に変えられる

築50年ほどのわが家(借家)は、いわゆる大きな梁と茅葺きの古民家ではなく、普通の古い家。当初はなぜかベニアが貼ってありました。クロスの下地にしようと思ってそのままだったのでしょうか。ビニールクロスを貼るのもちょっと、、、と思い、DIYで壁の色を白色に変えてみると、暗~い雰囲気から明るい空間にすることができました。

うちにお客さんが来たときに「わあ、いいですね!」とほめていただけるのが、 この木+白色塗装にした玄関。

もちろん本職の左官屋さんや塗装屋さんの仕上がりには敵いませんが、自分たちでやったのだから色々と思い出が詰まった空間になりました。

  • 天井:杉板
  • 壁:全面パテ塗り+白色塗装、一部杉板
  • 床:ひのき床板
  • 照明:IKEA

パテ塗り+塗装のDIYは、大工工事のような電動工具が必要なく、資材調達がホームセンターなどでできる比較的気軽にできるDIYだと思います。今回は、パテ塗り→塗装のDIYをご紹介します。

空き家だった家の壁が薄暗い

この家に住み始めたときは、ベニヤ板&合板フローリングが仕上げ(室内に見える部分)となっていました。

木の部分は日焼けと経年変化で茶色になっている部分が多く、なんだか暗い雰囲気で古さも感じます…

まず歩くとべこべこする床を直そう、それなら壁と天井もDIYしてしまおう!というのが始まりです。

全面パテ塗り+塗装のDIYとは

  • 高価な電動工具がいらない、素人でもそれなりに仕上がる
  • 好きなコテあとをつけることができる
  • 好きな色に塗ることができる

コテあとは、小さいもの大きいもの、波のサイズ…いろいろあると思うので、つくる壁のイメージ画像を探しておくのがおすすめ

DIYの流れ

0.壁の施工は、床と天井が仕上がってからがやりやすい

1.床壁の養生(汚れ、傷の防止)、継ぎ目がないかチェック

 ※継ぎ目があれば、パテで継ぎ目を先に埋め、その上からメッシュテープをはります

2.バケツに水で溶いたパテを壁に塗る→乾燥させる(1日~)

3.好きな色の塗料を二度塗り

ここで着るのは、必ず汚れてもよい服装を。パテ塗りや塗装は、注意していてもどこかで必ず汚れること、気にし始めると集中できないので汚れる前提で作業するのがおすすめです。

メッシュテープを貼らないとどうなるの?
目地など連続した隙間がある場合、メッシュテープを貼らないと仕上がってからクラックが出来ます。別に大して影響ないと言えばないですが、一応貼っておくのがお勧め。※ 貼ってもクラックが起きることはあります

[資材]パテ塗り

  • マスキングテープ
  • マスカー
  • 脚立
  • バケツ(パテ作成用)
  • パテ(ジョイントセメントとかペイントパテで検索するとでてくる)
  • コテ
  • コテ板
  • (板の継ぎ目があるとき)メッシュテープ

[資材]塗装

  • 塗料(水性がおすすめ、水性ケンエースとかノボクリーンとか)
  • 刷毛
  • ローラー
  • ローラースポンジ
  • ローラー延長棒
  • バケツ(塗料用)
  • バケツと同じサイズのビニール袋2~3枚

塗料は水で洗い流せる水性塗料が片付けしやすくておすすめ

写真で流れを紹介

天井、床ともに巾木(はばき)にマスキングテープ→マスカーの順に養生です。塗りたくない場所をきれいに保護するように マスキングテープを貼っていきます。その上にマスカーを重ねます。

次に、ちょうどよい硬さに練ったパテを塗っていきます。水が多くて垂れる、硬くて伸びないの中間の硬さにするのが、ちょっとお菓子作りみたいな感じ。

わかりやすくオレンジ色の塗装で説明しますね

パテが完全に乾いたら、塗装に入ります。刷毛で壁ぎわ塗装→ローラーで全面塗装。塗装は二度塗りするとムラなくきれいに完成。

塗料バケツにはビニール袋2~3枚を重ねてテープで留めておいて、おわったらビニール袋をポイできると片付けが少なくてラク◎

乾燥期間:このときは冬だったので2日間くらいかかりました。

玄関は白色にしましたが、アクセントカラーとして好きな色を選択しても楽しいですよ。

塗料が乾いたら、養生していたマスキングテープとマスカーを天井→壁→床と上から順に剥がして完了です。パテやら塗料やらがくっついている場合はカッターナイフで切り込みを入れてはがすと◎。せっかくパテした壁が欠けたりはがれたりしないようにしてくださいね。

養生をとる時が、空間がみえるようになり一番うれしい瞬間!

DIY+明るい空間=快適!

パテを塗ったり、色を変えたりするのは、建物の構造に関係するところではないので、模様替えをするくらいのノリで取り組めるDIYだと思いました。あと「DIYしよう!」と思った時にホームセンターで資材調達できるのはラクチン。モノを手に取って購入できるのと、数量が不足してもすぐ手に入ります。

DIYの途中には、 コテあとがうまく作れない…や、一緒にやっている人と違うコテあとになってる…とか、ちょっとはみ出た…など、気持ちが滅入りそうになることもありましたが(笑)、最終的に白色に塗って、空間として見てみると「コテあとの違いやムラは、そこまで気にならない」という結果になりました。

暮らしていくとDIYの小さなミスも忘れていきます~

↑写真ではわかりづらいですが、いろいろなコテあとだらけなのです

あとは来てくれた人たちに「いいですね!」と言っていただけることが「やってよかったな~!」と思うポイント。

空き家をDIYで改修しようとする方にはもちろん、好きなコテあとでお子さんと一緒に楽しめるし、「わたしが塗ったんだよ~」と紹介できるDIYとしておススメです。

塗装前のらくがき!2度塗りするのであとで気になりません~

そして壁の色が明るいと、光でぱあっと空間の明るさがUP。明るい空間は、清潔感があって快適に暮らせると感じています。

よかったらチャレンジしてみてくださいね。

この記事を書いた人

田上真由

三重県津市出身、大学では建築を学ぶ。水や空気といった大切なものは山が生み出していることを知ってから、自らも山間部に住むことを決意。新しい発見のある山暮らしを楽しみながら、木の家づくりを通して山に関わっていきたいと思っている。鳥取県の智頭町へ来て、床張り壁塗りといったDIY、斧で薪割りするのを覚えたところ。