[八頭町改修]鴨居や枠を作っています

杉の町なので、ふんだんに木材があります。本日は鴨居や化粧枠を作っていました。

既製品を使ったり、加工屋さんに出したりすることもできますが、そうするもんだと習ったのでそのままそうしています。使う道具は溝切り。丸鋸のような形をしていますが、チップソーではなく一回で21mm幅が欠き取れる優れものです。

ちなみに、建具の幅って1寸(30mm)なんですが、溝は7分(21mm)です。建具がすれ違うクリアランスを1分(3mm)とって、4分離れて隣の溝をつくので、通常シブシチと呼ばれています。

これが全部付けばあとはボード貼りを残すのみ。現場も大詰めです。

URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる