wordpressをnotion+wraptasへ

 
 
このたび長年お世話になったwordpressを卒業して、notionとwraptasで新しく作り替えました。
リニューアルによって見た目が劣化するという珍しいパターンのリニューアルになりますが、これまでのペライチ広告としてのwebサイトではなく、情報の充実に重きを置きたいと思います。
 

wordpressは優秀だけど億劫

WordpressはSEOにも強く、ブロックエディターも秀逸で表現力も高いです。お世話になっているテーマSWELLもノーコードで使っていて、非常にスムーズにサイトを作ってこれました。
一方で、ほとんどノーカスタマイズのサイトでも、プラグインの定期的な更新や、新しい機能追加、時にそれがゆえに起こるエラーなどに対処していく必要があります。それらは管理者である僕に属人化していきます。
また、notionやasanaといったwebツールになれた身にとっては、ブラウザを立ち上げて管理画面に入って投稿画面に行って、それを整形してお化粧して、というのはとても面倒に感じ始めていました。blogの体裁も、「ある程度気合を入れて書かなければ」という風に感じてとても面倒です。

ならNotionでいいじゃない

Notionは、Wraptasというサービスを使うことでwebサイトとして体裁を整えることができます。弊社の業務はもともと大きくNotionに依存しており、普段の業務の延長でサイトを管理することができます。もともと下書きはnotion上で書いていたわけですから、そのままドラッグするだけです。
なるほど格好いい見た目のwebサイトの美しさも工務店にとっては大事です。一方で、僕が実際に何かを検討するとき、サイトの美しさよりも、スマホで使いやすくしっかり中身があるサイト、ということのほうが重要だと思うのです。
これを機にコンテンツも整理しましたし、wordpressに比べればおそらくSEOも悪化するはずです。良くも悪くもデザインできないので、超殺風景なサイトになりました。その代わり、デザインに悩んだり、blogを書くという行為から離れたことによって、今後コンテンツの充実が図れると思っています(決意表明)。