工務店、HM紹介サービスは中立ではない

 
 
 
🐐
運よく良い出会いがある可能性はありますが、利益源は工務店やハウスメーカーからのキックバックなので、原理的にお客さんに対して中立になりえないと思います。 ※施主側に有料課金なら良いと思います!
あなたにピッタリの工務店、ハウスメーカー、営業担当を無料でご紹介します、というブローカーのサービスがあります。僕の商圏内にも複数展開s知恵います。 情報の非対称が大きい中で、第三者がいる、というのは心強いと思いますので、全面的に否定するわけではありません。人によっては良いノウハウや知見を提供してくれる人もいるでしょう。
一方で、家づくりそのものに対して施主さんに料金をチャージしてアドバイスを行うのであればいざ知らず、仲介・紹介というのは少し割り切って考える必要があると思います。

資金の源はブローカーと契約している工務店かハウスメーカー

無料になるのは当然、契約をしていて紹介を受けた工務店・ハウスメーカーが払うからです。当然ながら、元々契約していない工務店・ハウスメーカーには、紹介自体が来ることがありません。
多くは紹介料で定額〇〇円とか、契約に至ったら請負契約の◯%とか、その後お施主さんを相手をするための費用として、外注の担当営業として1件〇〇円とかを支払っていたりします。
ブローカーにキックバックを支払うという選択をしている時点で、
  • 集客や営業がネックとなっている会社
  • 規模がある程度あり、数をこなす体制にある会社
のどちらかである可能性が非常に高く、自ずとそのビジネスモデルに沿った商品が提供されることになります。
業績が好調でブローカーを必要としていない会社は、わざわざキックバックを払ってまでお客さんを呼ぼうとは思わないです(その分、建物に使うほうが満足度を挙げられるわけですから)。
逆に、ブローカーと相性がよく、ある程度大きな工務店やハウスメーカーでそもそも建てるつもりだった、というのであればwin-winの関係になれる可能性は否定しません。
もっとも1棟受注するためのコストは広告でも紹介のキックバックでも同じぐらい、という会社もあるでしょうから、紹介が必ず不利というわけではないですが、お施主さんにとって有利になる要素ってなんだろう?とは思います。

本当に中立を求めるならお金を払うほうがいい

本当に中立を求めるのであれば、受益者たるお施主さん自身から課金するしか無いですし、もし志として中立的なサービスをと思うのであれば、ブローカーもお施主さんに課金するメニューを持つはずです。
それがサービスとしてほとんど存在しないのは、結局のところ儲からないからです。お施主さんに5万円10万円払ってもらうより、工務店に3000万の3%をもらうほうがよっぽどやりやすく、利益があがりやすい。しかも工務店やハウスメーカーは、ブローカーにとって次も仕事をくれるお客さんであり、都度新しいお施主さんを獲得するより、ビジネスとしてやりやすい。
という点を織り込んで、利用してもらうのがよいのでは、というのが僕の意見です。